紅葉の谷川岳で楽しんできました 

 21日、高砂観光さんのバスに定員の28名が乗り込み、日本の名山谷川岳を目指して、あさ7時前に出発しました。心配された天気もトンネルを越えるとそこは、秋晴れでロープウエーに乗り一気に上まで行くと大日然は「紅葉いっぱい」でみんなを迎えてくれました。 お昼は、その谷川岳から流れる川原の秋風の通る公園で、みんなで温かいきのこ汁、焼きそば、新米おにぎり、バーベキューも作る豪華ランチで腹いっぱいに、旅はつづいて、奥水上温泉郷の宝川へと進み、東洋一を誇る大露天混浴温泉で裸の付き合いで汗を流し、英気を養いあい楽しんできました。
(h24/10/21)

所得税法・国税通則法
改正(悪)後どうなる税務署!40名で学びあう
 7日、夜7時から、豊栄ふれあいセンターにおいて、所得税や国税の取り扱いを決めている国税通則法改正(悪)に伴い、「どう税務署は変わるのか!」「いつから実施されるのか」などの不安が広がっていたことから、税金の専門家で豊栄民商がいつもお世話になっている新潟合同経理事務所の税理士鈴木茂行先生をお迎えして、約40分間主要な点をお話ししいただき、その後、質疑タイムをとり鈴木先生から一つ一つに答えていただきました。
全業者の記帳や書類保存義務は26年〜更正決定は3年から5年に延びる、など

 「所得300万円以下の事業者が免除されていた、記帳と書類の保存が、H26年1月1日から義務になった、記帳の方法は自分流でよい。していないからと育って罰則はない」。
 「税務調査は、これからも99%礼状の必要な脱税調査でなく、質問検査権に基づく納税者から協力してもらいすすめる任意調査。従来と変わらない。これからは、事前通知が法律化された。いつ、どこで、どんなものを調査したいのかなど9項目の事項を通知することとなった。また、資料を税務署に持ち帰ること、留置できるとした」等々、詳しく答えていただき、みんなで学びあいました。(h24/11/7)


HOME
  トップページ   共済会   女性・青年  おすすめの商売屋さん  全国商工団体連合会     お問い合わせ 
   新規開業    記帳・決算     融 資      商 売    労災・雇用保険  税金・消費税